トッカンソフトウェア

Node.js 基本

Node.jsはコマンドプロンプトで各操作を行います。よく使うものをまとめます。


npm init

				
npm init
			
npm initコマンドでpackage.jsonファイルを作成します。

package.jsonはプロジェクト名称、バージョン、プロジェクトで使用するパッケージとそのバージョンなどを記述します。
npm initでプロジェクト名をhelloworldとし、それ以外を未入力とした場合、以下のようなファイルが作成されます。

package.json

				
{
  "name": "helloworld",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "author": "",
  "license": "ISC"
}

			

npm install

				
npm install @angular/common
npm install typescript --global
npm install jquery --save
npm install lite-server --save-dev
				
			
npm install コマンドで、プロジェクトにパッケージを追加します。
上記を実行した後、package.jsonは以下のようになります。

package.json

				
{
  "name": "helloworld",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "author": "",
  "license": "ISC",
  "dependencies": {
    "jquery": "^3.1.1"
  },
  "devDependencies": {
    "lite-server": "^2.2.2"
  }
}


			
上記の例では、個別にパッケージを入れていますが、package.jsonファイルよりパッケージを纏めてインストールすることもできます。
その場合、package.jsonが置いてあるフォルダで、npm installを実行します。

パッケージをpackage.jsonに追記するとき、dependenciesまたはdevDependenciesのように入れる場所を分けていますが、
dependenciesは開発でも本番でも必要なもの、devDependenciesは開発にのみ必要なものを指定します。
				
npm install
npm install --production
			
npm installに--productionオプションを指定すると、dependenciesで指定したパッケージのみインストールします(devDependenciesをインストールしません)。
本番環境に入れるときは、こちらを使用することになります。

npm uninstall

				
npm uninstall lite-server
npm uninstall lite-server --save
npm uninstall lite-server --save-dev
npm uninstall lite-server --global
			
パッケージをアンインストールするには、npm uninstallコマンドを使用します。

その他

				
npm ls
npm -g ls
npm ls --depth=0
npm outdated
npm prune

			
npm lsはパッケージの一覧を表示します。-gオプションを付けると共通パッケージの一覧を表示します。
--depth=0オプションを付けると依存関係を表示しません。

npm outdatedは現状バージョン、最新バージョンの一覧を表示します。

npm pruneは未使用パッケージを削除します。npm installのオプションなしでインストールしてしまったものや、package.jsonから削除したパッケージなどを削除します。

ページのトップへ戻る
��ェア All Rights Reserved.