トッカンソフトウェア

PowerShell 関数

PowerShellの関数をまとめます。

関数

関数を定義するには function 関数名(引数) の形で定義します。
関数に渡す引数が複数ある場合は、スペースで区切ります。
				
function test($a, $b){
    return $a + $b
}

$c = test 1 2
Write-Output $c

			
3が出力されます。

関数の外の変数にアクセス

関数の外の変数にアクセスするには変数に $script: を付けます。
				
function test($a, $b){
    $script:c =  $a + $b
}

$c = 1
test 2 3
Write-Output $c


			
5が出力されます。

別ファイルに関数を定義

別ファイルに定義した関数を呼び出すには、頭にドットを付けて別ファイルを記述することで参照できます。

C:\work\test.ps1 の中身。
				
function test($a, $b){
    $script:c =  $a + $b
}


			
頭にドットを付けてtest.ps1を参照。
				
. "C:\work\test.ps1"

$c = 1
test 2 3
Write-Output $c


			
5が出力されます。

参照渡し

引数に[ref]を付けると参照渡しができます。
				
function test([ref]$x,[ref]$y){
    $x.value = 2
    $y.value = 3
}

$a = 1
$b = 1
test([ref]$a)([ref]$b)
Write-Output ($a + $b)


			
5が出力されます。


ページのトップへ戻る