トッカンソフトウェア

PowerShell 文字列関連



PowerShellの文字列関連をまとめます。

文字列はシングルクォーテーション('文字列')かダブルクォーテーション("文字列")で囲みます
ダブルクォーテーションの場合、変数名は変数値に置き換わります。シングルクォーテーションはそのまま出力されます。


■サンプル:文字の出力
				
$aaa = "X"

#ダブルクォーテーションの場合、$aaa が X で出力される
echo "123 $aaa 456"

#シングルクォーテーションの場合、$aaa が $aaa で出力される
echo '123 $aaa 456'

#スペースタブなどを間に入れないと途中で出力されてしまう
echo "123$aaa456"


			

(出力結果)
				
123 X 456
123 $aaa 456
123


			

ダブルクォーテーションでもアクサン・グラーヴ(`)を付けると変数名で出力されます。
シングルクォーテーション、ダブルクォーテーションもこれをつけると出力出来ます。

アクサン・グラーヴ(`)はShift押しながら@のキーで入力できます。

■サンプル:変数名、シングルクォーテーション、ダブルクォーテーションを出力
				
$aaa = "X"

#アクサン・グラーヴ(`)を頭にいれると$aaaで出力される
echo "123 `$aaa 456"

#シングルクォーテーション、ダブルクォーテーションも出力できる
echo "`'`""


			

(出力結果)
				
123 $aaa 456
'"


			

文字の切り出しはSubstringを使います。
				
$aaa = "1234567890"

#指定位置から後ろを取得(開始位置:0~)
echo "1234567890".SubString(2)

#一部を取得(開始位置:0~、文字列長)
echo "1234567890".SubString(1,2)


			

(出力結果)
				
34567890
23


			

指定文字で区切って配列はSplitを使い、文字列の長さ取得はLengthを使います。
				

#指定文字で区切って配列作成
echo "1,23,456".Split(",")

#文字列の長さを取得
echo "123".Length 


			

(出力結果)
				
1
23
456
3


			


文字列の比較など・・・
				

#指定文字が含まれるか
echo "1234567890".contains("456")

#指定文字から始まるか
echo "1234567890".StartsWith("123")

#指定文字で終わるか
echo "1234567890".EndsWith("890")

#同じ文字列か
echo ("123" -eq "123")

#大きさ比較
echo "001".CompareTo("002")

#指定文字の位置
echo "1234567890".IndexOf("345")



			

(出力結果)
				
True
True
True
True
-1
2

			

ページのトップへ戻る