TEDのメモ 2018年11月

TEDのホームページに2018年11月に公開された講演のメモです。

英語の勉強も兼ねていて、誤ったことを書いてしまうかもしれません。
気になるところがあったら原文の方を見て下さい。
講演者
Özlem Cekic
講演者について
概要
  • 嫌がらせメールをたくさん受け取るが、2010年からその相手と会うようにした。数百もの人に会った。
  • トルコで生まれてデンマークに引っ越してきた。マイノリティを背景にした最初の女性議員になった。
  • 不満のある人から嫌がらせメールが来るようになったが、すべて削除していた。理解し合えないと思っていた。
  • 友人からなにかあったときに嫌がらせメールは取っておいたほうがいいというアドバイスを受けた。
  • 数週間後、友人の家で「もし嫌がらせメールを出している人に殺されても殉教者になれるからWin-Winじゃない?」と言われた。
  • 嫌がらせメールの中から1人を選んで返信してみたら、電話が来た。
  • 実際に会ってみたところ予想に反してまともな人だった。
  • 自分と似ているところや共通するところもあった。
  • これをきっかけに#dialoguecoffeeと呼んでいるものを始めた。
  • いっしょにコーヒーを飲みながら話し合うというもの。
  • 色んな人がいた。勉強になった。
  • 私には影響力がない、力がないという人がいるが、私達は誰しもが影響力があり、力もある。自分を過小評価すべきでない。
  • #dialoguecoffeeを始めるときはこれを覚えておいてください。
  • 最初に拒絶する人と会うときに諦めないでください。私も1年間は工夫してきた。
  • 他人の勇気を認めてください。家に招くのも勇気がいること。
  • 会話の間は審判をしないで下さい。共通することを探して下さい。
  • 会話の最後はポジティブな状態になるようにして下さい。1回の会話では信頼関係は築けません。
  • テロで子供を亡くした友人の言葉を最後に引用したい。「悪意は親切さにのみ敗れる。親切さは勇気を必要とする」。勇気を持ちましょう。
講演者
Suzie Sheehy
講演者について
概要
  • 19世紀のイギリスでJJトムソンが磁石と電気を使った実験を行った。水素よりも2000倍軽い粒子を見つけた。これは電子と呼ばれた。
  • トムソンはこれは使いみちがないと考えていた。
  • 彼は好奇心から研究を始めることを強く勧めいている。
  • 彼の発見は科学において革命を引き起こしたが、技術においても予期しない革命だった。
  • 私は好奇心からの研究をしたい。
  • 電子は鉄とぶつかると再び高いエネルギーの光を出すが、これはX線と呼んでいる。
  • 電子が発見されてから15年でX線で人間の体内が見れるようになり、兵士や外科医の助けになった。
  • 1928年にポール・ディラックは奇妙な方程式を見つけた。普通の物質とは逆で反物質というものだった。
  • 嘲られるようなアイデアだったが4年後に発見され現在の病院でPETスキャンに使われている。
  • 興味本位の研究がなければ、スマホやPCなども生まれなかった。
  • あなたの時間とエネルギーを興味本位の研究に使うことを勧めたい。
講演者
Julia Shaw
講演者について
概要
  • Me TooやTime'sはハラスメントや差別を一般に広めた。
  • まだ98%の人が、ハラスメントや差別を受けても何も言えないでいる。声を上げられるようにしたい。
  • 私は記憶の科学者。証言をするときに記憶だけではよくない。証拠を残す必要がある。
  • 以下の3つはすぐに実施すべき。
  • ①何かが起きたら直ぐにメモる。証拠は大切。
  • ②PCやスマホでメモれば、時間も自動で残せる。
  • ③出来るだけ適切に書く。感情的に書きたい気持ちはわかるが、証拠としては適切でない。
  • 以下を書くと良い。
  • 何が起きたか。出来るだけ状況を描写。
  • 誰が一緒にいたか。目撃者は誰か。
  • いつ起きたか。
  • どこで起きたか。
  • イベント後に誰と話したか。
  • イベント前後でどう感じたか。
  • メッセージツール、写真、メールの証拠があればさらに良い。
  • 私達は色んな人の相談に乗った経験を生かして、TalkToSpot.comを立ち上げた。
  • これを利用すれば、人と話したり、審判を下されたりせず、どこででもインタビュー形式で証拠を残せる。
  • 多様性は尊重されるべきだし、否定されている人たちの声を取り上げたい。
講演者
Dolly Chugh
講演者について
概要
  • 友達がタクシーで良い人と言われた。良い気分になったと思わないと言っていたが、多くの影響がある。
  • 私は社会学者で、良い人について研究している。
  • 良い人の定義は人によって異なるが、どれも重要。
  • 厳しい状況にいるときにボランティアなどを行い良い人でいることは重要。
  • 脳は働くときにショートカットをしている。
  • 限定合理性というもので、外部の情報が多大で脳が処理できることは少ない。
  • 1100万もの情報に対して40しか処理できない。
  • 仕事で疲れた日は日常生活の行動を無意識に行っていることがあるが、これも限定合理性の一部。
  • 小さな贈り物を軽視しがちだが、無意識的に影響を持つ。
  • 会計について学びたければ会計の本を読むし、専門家に話を聞いたりする。
  • しかし良い人になるには、考えるしかない。
  • 良い人でも間違いを侵すことがある。
  • しかしそこから学ぶことが重要。