トッカンソフトウェア

SpringFrameworkでアノテーション(@Component、@Autowired)を使ってみる

今回は、@Component、@Autowired、@Serviceを使ってみます。
作る手順は前回と同様ですが、設定ファイルの中身やソースを変えます。


まずは動かしてみましょう

pom.xml は前回と同様です。

Spring用の設定ファイル(SpringTest.xml)を以下を追加します。
				
<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
	xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:context="http://www.springframework.org/schema/context"
	xsi:schemaLocation="http://www.springframework.org/schema/beans
	http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans-4.2.xsd
	http://www.springframework.org/schema/context
	http://www.springframework.org/schema/context/spring-context-4.2.xsd">

	<bean id="helloWorld" class="spring.test.SpringBean">
		<property name="text" value="Hello World!!" />
	</bean>

	<context:component-scan base-package="spring.test" />
</beans>


			
component-scan要素は指定場所(パッケージ)のクラスファイルよりアノテーション(@Component、@Autowiredなど)を読み込みます。
読み込みたいパッケージが複数ある場合は、パッケージ数分、component-scan要素を記述します。このページの下の方の例で2つパッケージを読み込んでいます。


設定ファイルは以上です。次はJavaファイルを作成、修正します。

実行対象となるJavaクラス(HelloWorldTest.java)は修正なしです。
				
package spring.test;

import org.springframework.context.ApplicationContext;
import org.springframework.context.support.FileSystemXmlApplicationContext;

public class HelloWorldTest {
	public static void main(String[] args) {
		ApplicationContext context = new FileSystemXmlApplicationContext("C:\\workspace\\springApp\\SpringTest.xml");

		SpringBean bean = (SpringBean) context.getBean("helloWorld");
		bean.show();
	}
}

			
次に設定ファイルよりSpringがデータをセットするBeanクラス(SpringBean.java)ですが、@Autowiredを付けたフィールドを追加します。
				
package spring.test;

import org.springframework.beans.factory.annotation.Autowired;

public class SpringBean {
	private String text;

	@Autowired
	private SpringComponent component;

	public void show() {
		System.out.println(text);
		component.show();
	}

	public String getText() {
		return text;
	}

	public void setText(String text) {
		this.text = text;
	}
}


			
最後に@Componentを持つクラス(SpringComponent.java)を作成します。
				
package spring.test;

import org.springframework.stereotype.Component;

@Component
public class SpringComponent {

	public void show() {
		System.out.println("Hello Component!");
	}
}


			
準備は以上で終わりです。それでは実行してみましょう。

作成したファイルに問題がなければ、「Hello World!!」と「Hello Component!」と表示されます。


コンポーネント

前回は設定ファイルでオブジェクト作成を行いましたが、今回はアノテーションでオブジェクトの作成を行いました。

component-scanで指定した場所に @Autowired が見つかった場合、@Componentが付いているクラスのオブジェクト(Springが自動的にオブジェクトを生成してくれます)を探し、@Autowiredのインスタンス変数にセットします。
@Componentは幾つか拡張版が用意されており、同じような動きをします。用途によって使い分けて下さい。

@Component 下の3つのアノテーションのベースとなるもの。
@Repository DBアクセス関連のクラスはこれにする。DBアクセス時の例外がDataAccessExceptionになる。
@Service 処理をひとまとめにするとき、トランザクションのコミット単位の処理などはこれにする。
@Controller SpringでWebアプリを作るときにMVCのコントローラはこれにする。


インターフェースの活用

今回の例も活用の仕方が分かり難いですが、Componentクラスをインターフェースにすると活用の仕方がわかります。

SpringComponent.java(クラスからインターフェースに変更)
				
package spring.test;

public interface SpringComponent {

	public void show();
}

			
SpringComponentの実装クラスを用意します。


SpringComponentImpl1.java
				
package spring.test1;

import org.springframework.stereotype.Component;
import spring.test.SpringComponent;

@Component
public class SpringComponentImpl1 implements SpringComponent {

	public void show() {
		System.out.println("One");
	}
}

			


SpringComponentImpl2.java
				
package spring.test2;

import org.springframework.stereotype.Component;
import spring.test.SpringComponent;

@Component
public class SpringComponentImpl2 implements SpringComponent {

	public void show() {
		System.out.println("Two");
	}
}

			
上記のように実装クラスが複数存在した場合、どの実装クラスを使用するかは、Spring設定ファイルで決められます。
例えば以下の様に spring.test1 を指定した場合、SpringComponentImpl1が使用されます。

設定ファイル
				
<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
	xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:context="http://www.springframework.org/schema/context"
	xsi:schemaLocation="http://www.springframework.org/schema/beans
	http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans-4.2.xsd
	http://www.springframework.org/schema/context
	http://www.springframework.org/schema/context/spring-context-4.2.xsd">

	<bean id="helloWorld" class="spring.test.SpringBean">
		<property name="text" value="Hello World!!" />
	</bean>

	<context:component-scan base-package="spring.test" />
	<context:component-scan base-package="spring.test1" />
</beans>
			
実行結果
				
One


			

設定ファイルの spring.test1 を spring.test2 に変更すると SpringComponentImpl2 が実行されます。

実行結果
				
Two


			
このようにどの実装クラスを使用するにも呼び出し元である HelloWorldTestクラス を修正する必要がありせん。

ページのトップへ戻る