トッカンソフトウェア

Spring MVC Jspで画面表示

今回は、Jspとモデルをやっていきます。
プロジェクトの作成はこちらを参照して下さい。


設定ファイル

web.xml

				
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<web-app xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
	xmlns="http://xmlns.jcp.org/xml/ns/javaee"
	xsi:schemaLocation="http://xmlns.jcp.org/xml/ns/javaee http://xmlns.jcp.org/xml/ns/javaee/web-app_3_1.xsd"
	id="WebApp_ID" version="3.1">
	<display-name>springMVC</display-name>
	<listener>
		<listener-class>org.springframework.web.context.ContextLoaderListener</listener-class>
	</listener>
	<filter>
		<filter-name>CharacterEncodingFilter</filter-name>
		<filter-class>org.springframework.web.filter.CharacterEncodingFilter</filter-class>
		<init-param>
			<param-name>encoding</param-name>
			<param-value>utf-8</param-value>
		</init-param>
		<init-param>
			<param-name>forceEncoding</param-name>
			<param-value>true</param-value>
		</init-param>
	</filter>
	<filter-mapping>
		<filter-name>CharacterEncodingFilter</filter-name>
		<url-pattern>/*</url-pattern>
	</filter-mapping>
	<servlet>
		<servlet-name>dispatcherServlet</servlet-name>
		<servlet-class>org.springframework.web.servlet.DispatcherServlet</servlet-class>
		<init-param>
			<param-name>contextConfigLocation</param-name>
			<param-value></param-value>
		</init-param>
		<load-on-startup>1</load-on-startup>
	</servlet>
	<servlet-mapping>
		<servlet-name>dispatcherServlet</servlet-name>
		<url-pattern>/</url-pattern>
	</servlet-mapping>

</web-app>
			

applicationContext.xml

				
<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
	xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns:context="http://www.springframework.org/schema/context"
	xmlns:mvc="http://www.springframework.org/schema/mvc"
	xsi:schemaLocation="
		http://www.springframework.org/schema/beans
		http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans-4.2.xsd
		http://www.springframework.org/schema/context
		http://www.springframework.org/schema/context/spring-context-4.2.xsd
		http://www.springframework.org/schema/mvc
		http://www.springframework.org/schema/mvc/spring-mvc-4.2.xsd">

	<context:component-scan base-package="spring.test.controller" />

	<mvc:annotation-driven />

	<bean
		class="org.springframework.web.servlet.view.InternalResourceViewResolver">
		<property name="prefix" value="/WEB-INF/" />
		<property name="suffix" value=".jsp" />
	</bean>
</beans>
			

モデル

まずはデータを格納するためだけのクラスを作成します。GetterとSetterだけ作成します。
				
package spring.test;

public class UserModel {
	String id;
	String name;

	public String getId() {
		return id;
	}

	public void setId(String id) {
		this.id = id;
	}

	public String getName() {
		return name;
	}

	public void setName(String name) {
		this.name = name;
	}
}


			

コントローラ

				
package spring.test.controller;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.web.bind.annotation.ModelAttribute;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMethod;
import org.springframework.web.servlet.ModelAndView;

import spring.test.UserModel;

@Controller
@RequestMapping(value = "/login")
public class LoginControler {

	@ModelAttribute("UM")
	public UserModel init() {
		return new UserModel();
	}

	@RequestMapping(method = RequestMethod.GET)
	public String loginGet() {
		return "login";
	}

	@RequestMapping(method = RequestMethod.POST)
	public ModelAndView loginPost(@ModelAttribute("UM") UserModel userModel) {

		String id = userModel.getId();
		ModelAndView mv = new ModelAndView("login");
		if (id.equals("abc")) {
			userModel.setName("ABCさん");
			mv.addObject("msg", "ログイン成功");
		} else {
			userModel.setName("");
			mv.addObject("msg", "ログイン失敗");
		}
		return mv;
	}
}


			
呼ばれる順番はGETの場合は、init() -> loginGet() で、POSTの場合はinit() -> loginPost() になります。

@ModelAttributeアノテーションでJspとモデルの連携をします。
今回の例ではコントローラで"UM"を指定しているので、Jsp側も"UM"でモデルを受け取ります。

ModelAndView のコンストラクタでJspの画面名を指定しています。今までの例ではJspの指定は文字列で行っていましたが、
ModelAndView では画面指定の他に、データの連携もできます。

Jsp

login.jsp という名前で作成します。今回はSpringが用意しているタグを使用します。
				
<%@page import="spring.test.controller.LoginControler"%>
<%@ page contentType="text/html; charset=UTF-8" pageEncoding="UTF-8"%>
<%@ taglib prefix="form" uri="http://www.springframework.org/tags/form"%>
<%@ taglib prefix="spring" uri="http://www.springframework.org/tags"%>
<html>
<head>
<title>ログイン</title>
</head>
<body>
	<spring:url value="/login" var="url" htmlEscape="true" />
	<form:form action="${url}" method="POST" modelAttribute="UM">

		ID:<form:input path="id" />
		<form:input path="name" disabled="true" />
		<BR />
		<input type="submit" value="ログイン" />
		<BR />
	</form:form>
	${msg}
</body>
</html>


			

<spring:url>

URLを環境に適したURLに変換してくれます。今回はspringMVCというプロジェクトで作成しているのですが、以下のような変換をしてくれます。

変換前(Jspファイル) /login
変換後(ブラウザで表示時のソース) /springMVC/login

今回の例では url という変数に /login と入れています。
その下の ${url} で変換した値を出力しています。

<form:form>

HtmlのFormタグに変換されます。modelAttributeでコントローラの@ModelAttributeアノテーションと連携します。
form:form内のタグでpathにモデルの属性名を指定することにより連携することが出来ます。

<form:input>

<input type="text">に変換されます。
modelAttribute="UM"はコントローラではUserModelクラスのオブジェクトをセットしているので、 path="id"を指定することでUserModelオブジェクトの属性:idと連携されます。

実行



ID:にabcと入力してログインボタンを押すと、ログイン成功というメッセージと名称にあたる情報が表示されます。


ページのトップへ戻る